0
アキュラ

まとめ情報…ホンダ、スーパーGT500クラスの5チーム参戦体制を発表。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]


ライバルに先駆け、昨年末にスーパーGT500クラスの2チームの体制を行ったホンダが、13日から幕張メッセで開催されている東京オートサロン2017の会場で追加の3チームの体制を発表。GT500クラスのホンダ陣営5チームがお披露目された。

「昨年のGT500では0勝という非常に悔しいシーズンになりました。2017年は新型NSXをベースとしたNSX-GTを投入し、新たな陣容で巻き返しを図ります。なんとしても勝つという思いとともに、研究所の開発体制も大きく見直しました。日本のモータースポーツファン、ホンダファンのみなさまの期待にお応えできるよう、勝ちにこだわり、新たなシーズンを戦います」と今シーズンへの意気込みを語ったホンダ モータースポーツ部の山本雅史部長。山本部長が語るように、GTの開発体制は変更。昨年までスーパーフォーミュラでプロジェクトを率いていた佐伯昌浩エンジニアが、今年からはホンダGTプロジェクトリーダーとしても開発を統括することになり、レギュレーションが一新されて2014年以来となる新型マシン、NSX-GTの開発を担う。

佐伯エンジニアは「(スーパーフォーミュラとスーパーGT)同じエンジンを使用する2つのカテゴリーの開発を戦略的かつ効率的に進め、勝てるマシンを作り上げていきたいと思います。今年はチャンピオンを目ざし、強いホンダをお見せできるよう全力で挑みます」とのコメントを発表した。ドライバーラインアップはKEIHINは塚越広大と小暮卓史、チーム国光は山本尚貴と伊沢拓也、ARTAは野尻智紀と小林崇志の組み合わせ。タイヤは3チームともブリヂストンタイヤを装着することになる。ARTAの小林は昨年はGT300でBMW M6のステアリングを握っており、その以前は2012年にARTAでHSV-010 GTでGT500に参戦して以来のGT500復帰となる。

8 ARTA NSX-GT 日本の旗 野尻智紀
日本の旗 小林崇志
AUTOBACS RACING TEAM AGURI B
16 MUGEN NSX-GT 日本の旗 武藤英紀
日本の旗 中嶋大祐
TEAM無限 Y
17 KEIHIN NSX-GT 日本の旗 塚越広大
日本の旗 小暮卓史
KEIHIN REAL RACING B
64 Epson NSX-GT 日本の旗 松浦孝亮
ベルギーの旗 ベルトラン・バゲット
NAKAJIMA RACING D
100 RAYBRIG NSX-GT 日本の旗 山本尚貴
日本の旗 伊沢拓也
TEAM KUNIMITSU B

今季再びGT500クラスに招集の小林崇志選手は2010年の夏の鈴鹿の耐久レースで初めて乗るクラスのマシンで当時ニスモ所属のブノワ・トレルイエ選手を抑えてポールを獲得をしたことは皆さんご存知の通りで翌年からGT500クラスにフル参戦し2013年からはGT300クラスに移りCR-Zを2015年まで駆っていて、昨シーズンは新車のBMWM6のGT3を駆ってタイトル争いをしていたが第3戦もてぎでのクラッシュにより翌日のもてぎ戦は残念ながら欠場になった。今季再びGT500クラスに戻って来た小林崇志選手は2007年のARTA-NSX以来のタイトル奪還を齎すか?!

鈴木亜久里監督(AUTOBACS RACING TEAM AGURI)

2017年は経験を重ねてきた野尻智紀と、GT300クラスで結果を残してきた小林崇志という新たな体制で、チーム一丸となって戦います。ARTAとして20周年を迎える節目の年でもあるので、チャンピオンを争えるシーズンにしたいです。

野尻智紀(AUTOBACS RACING TEAM AGURI)


今年もARTA、そしてホンダのドライバーとしてスタートできたことをうれしく、同時に身が引き締まる想いです。新型マシンはまだまだ改善点が多いものの、開発は確実に前進しており、ダウンフォース削減 の影響を感じさせないレベルまで来ていると思います。今年はARTA創設から20周年という記念すべき年なので、優勝して強いARTAを復活させることが目標です。

小林崇志(AUTOBACS RACING TEAM AGURI)


GT500クラスでの参戦は2012年以来となりますが、当時とはレギュレーションもスピードも違います。気持ち的にはルーキーだと思って、一からしっかりとマシンを学んでいきたいです。テストでは慣れが必要だと感じましたが、乗りこなせる手応えは得ています。今年は優勝を目指します。


 



コメントを残す

*

ツールバーへスキップ