0
アキュラ

スーパーGT500クラスNSXの5チーム目はワークス無限復活でゼッケンは伝統の16号車に!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



12月14日、栃木県のツインリンクもてぎでホンダは2017年のスーパーGT500クラスに参戦するチームのうち、2チームの参戦体制について発表した。16年限りでの活動休止を発表したDrago Modulo Honda Racingに代わるチームとして、TEAM無限の参戦が発表された。

 2017年、スーパーGT500クラスでは車両規定が新しくなり、ホンダは新車両NSX-GTを投入することになるが、最終戦もてぎ前に17年に向けDrago Modulo Honda Racingが活動休止を発表。ただ、新NSX-GTの発表時にホンダは5台体制の継続を発表しており、どんな体制になるのか注目が集まっていた。そんななか、12月14日にもてぎで行われた新NSX-GTのテストにあわせ、ホンダは2チームの参戦体制を発表した。ひとつはNAKAJIMA RACING、そしてもうひとつはG’zoxカラーで戦った2003年以来のGT500復帰となるTEAM無限だ。TEAM無限はこれまでTEAM KUNIMITSUのメンテナンスを担ってきたが、2014年にGT300クラスでホンダCR-Zを走らせて以来の自チームでの参戦となる。

また、新たにドライバーラインナップ、そしてタイヤも発表された。ゼッケン16をつけるTEAM無限は、昨年までドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GTを走らせていた武藤英紀が加入。また、NAKAJIMA RACINGから中嶋大祐が移籍加入することになった。この組み合わせは、2012年にMUGEN CR-Z GTが初参戦したときのドライバーコンビとなる。そしてTEAM無限の16号車は、ファンにとっては驚きのタイヤが装着されることになった。これまでニッサン、レクサスでは装着実績があるヨコハマだ。ホンダNSXがGT500でヨコハマを装着するのは、なんとJGTC時代の1996年のADVAN BP NSXにまでさかのぼる。


TEAM無限手塚監督「『挑戦』『覚悟』という思いでガンガン突っ走る」

「今日、TEAM無限として2017年のスーパーGTに参戦発表をこの場でできたことを光栄に思っています。無限としては2012〜14年とCR-Zで参戦していて、3年ぶりになりますが、GT500クラスにNSX-GTというニューマシンで戦うことになるのはまったく新しい挑戦になると思っています」と語るのは、チームを率いる手塚監督。

「なかでも武藤選手、中嶋選手といいう経験豊富な、頼もしいドライバーのコンビを迎えることができて、大きな強みになると思っています。また、チームスタッフについてはスーパーGT、スーパーフォーミュラをやっているスタッフを揃え、多くの経験を積んだメカニックたちが揃っており、心強く思っています」「2017年は着実にマシンを作り上げて、十分に戦えるシーズンになると思っています。皆さんに良い結果をお届けできるよう、チーム一丸となっていきます。我々としては『挑戦』、『覚悟』という思いで、ガンガン突っ走ってホンダさんやチームのために戦って、みんなで喜びを味わいたいと思っています」




公式Youtubeチャンネルの紹介

◇当社ではモータスポーツ(スーパーGT)を中心の動画を定期的にアップロードしていきます。 それと私個人所有のデジカメで撮影した鉄道関連並びに旅先で撮影した動画もアップロードしていきます。
◇当動画をご覧頂いた皆様に厚く御礼申し上げます。
◆チャンネル登録確認次第必ず登録いたします。(相互登録いたします)宜しくお願いいたします。
宜しくお願い申し上げます。 2011年10月6日(JST)


公式Youtubeチャンネル



コメントを残す

*

ツールバーへスキップ