0
WEC世界耐久選手権

新しいアウディR18レースカーは、外観から内部までフルチェンジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • SumoMe

名称こそ昨年までと同様R18 e-トロン・クワトロとの名称が引き継がれた16年仕様のマシンだが「根本から再設計された」とされており、LMP1レースカーは、アウディによると、革新的な空力特性を備えており、軽量設計の次の段階を表しています。新しいアウディR18レースカーに電力を供給することは、効率的に最適化されたTDIエンジンとエネルギー貯蔵用リチウムイオン電池とディーゼルハイブリッドパワートレインになります。

2016年仕様のアウディR18 e-トロン・クワトロ

 ディーゼルエンジンで6MJのエネルギー放出量を選択することで、エネルギーテーブル上では8MJのガソリンエンジン搭載車と同等の性能になる。ハイブリッドシステムの詳細については明かされていない、従来通りフロントに運動エネルギー回生を搭載することになるのではないかと見られている。ガソリンエンジン勢は、今季はポルシェが8MJ、トヨタ6MJを選択していたが、来季は両社ともに8MJを採用するものと見られている。

参照:  新しいアウディR18 E-トロンクワトロが明らかに

2016年仕様のアウディR18 e-トロン・クワトロ

 この新たなR18 e-トロン・クワトロは、今月初めにポールリカールでテストが行われ、レギュラードライバーを務めるフィリペ・アルバカーキがステアリングを握っている。今後は、12月はじめからアメリカのセブリングで本格的なテストが行われていくという。


 


 

公式Youtubeチャンネルの紹介

◇当社ではモータスポーツ(スーパーGT)を中心の動画を定期的にアップロードしていきます。 それと私個人所有のデジカメで撮影した鉄道関連並びに旅先で撮影した動画もアップロードしていきます。
◇当動画をご覧頂いた皆様に厚く御礼申し上げます。
◆チャンネル登録確認次第必ず登録いたします。(相互登録いたします)宜しくお願いいたします。
宜しくお願い申し上げます。 2011年10月6日(JST)


公式Youtubeチャンネル



コメントを残す

*

ツールバーへスキップ